ニューオリンズセインツ

 

http://www.neworleanssaints.com/Home.aspx

 

ニューオーリンズ・セインツ(The New Orleans Saints)は、はルイジアナ州ニューオーリンズに本拠地をおくプロフットボール(NFL)のチームである。NFC南地区に所属する。

 

1967年にエクスパンションチームとして加入した。1970年のNFLとAFLの統合後、NFC西地区に所属した。チームは創設以来長期低迷し、1978年まで12年連続負け越し、1979年、1983年と8勝8敗になったが勝ち越したシーズンは1987年までなかった。1991年に初めて地区優勝を果たした。2000年シーズン、プレーオフ5回目の出場で初勝利をあげ、2006年にはNFCチャンピオンシップゲーム進出しスーパーボウル出場まで後一歩まで近づいた。

 

2005年はハリケーン・カトリーナによるスーパードームの損傷の為、暫定的にタイガースタジアム(ルイジアナ州バトンルージュ・4試合)とアラモドームテキサス州サンアントニオ・3試合)、ジャイアンツ・スタジアムニュージャージー州イーストルーサーフォード・1試合)を使用して、公式戦を行った。愛称の由来は ジャズの都であるニューオーリンズにちなみ、ジャズ曲『聖者が街にやってくる』("When The Saints Go Marchin' In")から。

 

昨年2008年シーズンも、プレイオフ進出まであと一歩だった。

 

2009年シーズンは守備力の強化が課題であったが、新ディフェンスコーチを迎え、ビルマ、ウィルスミス、フジタを中心に試合を決めるタックル、インターセプトなどビッグプレイを連発し、昨シーズンと比べ大きく改善した。攻撃陣も、昨年に引き続き、リーグ最強オフェンスを誇るQBブリーズ、TE シャッキー、WRコルストン、3枚柱のRBブッシュ、ビル、トーマスを中心に層が厚く、今シーズンの快進撃の原動力となっている。

 

2009年シーズンは、13勝3敗で地区優勝、及びNFCプレイオフ第一シードを決め終了。プレイオフ1回戦では、アリゾナカージナルス、2回戦では、ミネソタバイキングスを見事破り、チーム史上初のスーパーボウル進出を決めた。そのまま勢いは止まらず、2月7日のスーパーボウル(マイアミ)では、AFCチャンピオンのインディアナコルツと対戦し、31対17と見事に勝利を納め、スーパーボウルチャンピオンとなった。