プレMBAコース(6月下旬~8月上旬)

 

秋からの本格的な授業の前に、入学者インターナショナル全員に以下2つのサマープログラムの受講が義務づけられます。

 

①「ESL(English as Second Language)」

期間:6月下旬~7月下旬

(内容)  

2005年のカトリーナ以降、閉鎖されていましたが、2009年夏より再開しました。ビジネススクールとロースクールの入学予定者(インターナショナ ル)に対して、受講が義務づけられました。クラス開講前に、ミニテストがあり、個人のレベルに応じて3つのクラスに振り分けられます。クラスでは、基本的な会話、ライティング、リーディング、リスニングを学びます。近年ではTOEFLのスコアによってMBA生はRequiedされない場合があります。

 

 

 

②「MCOM :Management Communication)」

(期間)7月上旬~8月上旬

(内容)
英語が母国語ではない留学生を主とした対象に、単位無しのMCOM(Management Communication)が、開講されます。内容は、コアでやるMCOM(1年次秋セメスタ)を先取りしたもので、秋セメスタにアメリカ人の学生と一緒に正式に受講します。ここでは、プレゼンテーションとライティングのスキルの訓練が主眼となります。渡米直後で、英語に慣れていない頭を慣らし、米国式のプレゼンテーションを覚えるチャンスです。成績に関係ないので、秋セメスタへの慣らしとしてリラックスして受講して下さい。同じクラスの世界各国からの学生と8月中旬からの本MBAまえに仲良くなるチャンスです。積極的に参加すると良いでしょう。例年このクラスで、まずは留学生同士で固い絆が生まれます。