プラクティカル科目:Practice Module Courses

 

2年間で8科目、計18単位を履修します。

 

1年目

 

秋学期セッション1

MGMT621 Practice of Management I -

Strategic Management2単位)

理論とケーススタディにより戦略論を身につけるクラスです。理論ケースというサイクルで学習するため、理解度が深まります。また、グループワークを行う最初の科目でもあり、異なる文化の人の行動パターンも学ぶことができます。

 

 

秋学期セッション2

MGMT651 Global Leadership I -

Economic Environment of Global Business2単位)

いわゆるマクロ経済学を学びます。この授業では、おもにグローバルビジネスにおけるマクロ経済学を学びます。具体的には、アメリカと世界経済を、国民所得・国際貿易・国際投資パターンの観点から考察していきます。

 

春学期セッション1

MGMT652  Global Leadership II -

European Union2単位)

グローバル競争のパターンを理解すること、及びグローバルマーケットでどのようにして効率的に戦略をデザインしていくかを学ぶことがクラスの目的です。クラスの仕上げとして、3月末~4月上旬の春休みを利用して、フランス(パリ)で実地研修を行います。

 

春学期セッション2

MGMT623  Practice of Management II -

Enterprise Valuation 又は

Marketing Planning and Implementation2単位)

 

Enterprise valuation(主にファイナンス専攻の学生が履修しています):バーケンロードレポートから実際の企業を選択し、企業の財務的な評価を行っていきます。

 

Marketing Planning(ファイナンス、エネルギー専攻以外の学生が履修):マーケット環境の困難さや組織を運営するための現実的なブランド計画をテキスト及びチーム単位のシミュレーションを通して理解、展開していきます。

 

 

 

2年目

 

秋学期通期

MGMT623  Practice of Management Strategic Consulting  又は Equity Analysis2単位)

 

Strategic Conultingは、戦略的なコンサルティングの方法、過程の理解、同時に計画、実行の重要性を学びます。

 

Equity Analysisは、フリーマンMBAの一つの特徴であるバーケンロードレポート(Burkenroad Reports)のクラスで、企業の資産価値の評価の基礎を、ファイナンスの基本であるディスカウントキャッシュフローモデル・レイシオ分析・将来の成長性の可能性の評価等を通して学んでいきます。

 

秋学期セッション2

MGMT653 Global Leadership – Latin America2単位)

このクラスは、国際ビジネスにおける環境、海外マーケットへの進出の方法の基礎を学んでいきます。セッション途中の11月初旬には、約1週間かけてアルゼンチン(ブエノスアイレス)又はメキシコ(モンテレー)での実地研修に行きます。

 

春学期通期

MGMT624 Practice of Management

New Venture Planning3単位)

アントレ(起業家)になるための基本的な考え方を学びます。さらに新しいベンチャーの計画・資金調達・マネジメントを、チーム(及び個人)単位で考察し、将来のベンチャー事業戦略を提案していくクラスです。

 

春学期通期

MGMT654  Global Leadership - Asia3単位)

このクラスの目的は、アジア企業のCEOや取締役のレベルでマネジメントについて考察し、深く研究していくことです。1年次のフランス研修同様、春休みを利用して中国(北京)で、現地大学・広告代理店・そのほか企業訪問等を含んだ実地研修があります。