普通車(ライセンスクラスE)運転免許取得について

 

(免許取得前に準備すること)

・車の購入

・自動車保険への加入

Break Tagの取得

・必要書類の準備、取得

 

(必要書類)

免許取得にあたって注意することは、書類の完備です。ひとつでも不足のものがあると手続き中止となり、後日出直すことなります。特に、日本の免許の英訳書がないと、窓口で追い返され、外部機関で6時間の講習終了が義務づけられます。

・パスポート

I-20

・国際免許証

SSNを交付できない理由書: F-1F-2ビザ共にソーシャルセキュリティオフィスで取得する必要有り、渡米10日経過後、直ぐに取得しておいて下さい。
・車購入時の領収書及び車の登録申請書:車購入後約1か月は、登録書(Title)申請中のため、仮ナンバーの申請書でOK
・自動車保険のID:多くの日本人が、JAL海外総合保障制度のアンブレラ保険に加入中。
・大学発行の学費納付書:企業派遣の方は、財政証明書で代用可能の場合も。私費の方も含めて、免許取得前にアドミッションにお願いして、発行してもらい準備する必要あり。
・日本の運転免許の英訳書:渡米後、アドミッション挨拶時に、日本の免許を提示して英訳をお願いしておいて下さい。これがなければ、6時間の講習終了書が求められます。

Driver's license letterOISSへ行き、自己申告して発行してもらって下さい。いわゆる学生本人の在籍証明のようなもの。

 

(受験について)

最寄りのOMVhttp://onlinedmv.com/locator/onlinedmv/jefferson,-metairie-la-5803.html へ行き、運転免許ライセンスクラスE (筆記合格後→技能テスト)を取得。

 

筆記試験事前勉強は、下記サイトのクラスD&E(取得するのはクラスE)

http://dpsweb.dps.louisiana.gov/omvpubs.nsf から情報を入手下さい。
   
受験には予約は必要ありません。平日(月~金)朝7時半頃にOMV事務所に行き、列に並んで下さい。事務所は8時からOPENとなります。

 

手続きが完了すれば、番号順に場内アナウンスで呼ばれ、筆記試験スタート。

 

筆記試験は、問題数50問で、30問が一般問題、20問が標識問題で、80点以上が合格。


筆記に合格すれば、次は技能試験。試験管の指示に従い、OMVの周りを15分ほど走行して終わります。日本での運転経験ある方であれば、大半が受かります。ただ、路上試験で最も一番気をつけなければならない点は、STOPサインです。これをミスると落ちますので、予め留意願います。

 

路上試験に合格すると、事務所に戻り、受験料(約22ドル)の支払いをし、顔写真撮影、

晴れて1日でアメリカ免許取得といった感じです。