住宅の探し方

 

以下、大きく4つ考えられます。

 

1.ビジネススクールに照会する。

2.OISSに照会する。

3.自ら探す。

4.大学の寮を利用する。

 

1.ビジネススクールに照会する

アドミッションオフィスに行くと、不動産リストがあり、ここで物件を紹介してもらうことができます。

 

2. OISSに照会する。

OISSは留学生をサポートしてくれる施設で、日常生活に関することについても全面的にバックアップしてくれます。留学生にとっては心強い味方です。

 

3.自ら探す

これは、かなり大変は作業です。実際には、①不動産屋に行く、②アパートに直接行く、③口コミ(友達など)等があります。

シティーパークには、Esplanadeというアパートがあり、日本人MBAの他、Medical Schoolに在席されていた方が住んでいた実績があります。

 

4.大学の寮を利用する。

大学の寮としては、アップタウンのPapillon(パピヨン)、ダウンタンのDeming(デミング)があります。

現在、PapillonにはMBAのほかロースクールに通う日本人学生が住んでいます。過去にはMedicalスクールに在席されていた方も住まわれていました。Papillonは家族、単身どちらの方も入居できます。Papillonの場合、電気代は自分でEntergyという電力会社と契約して個人で支払いをすることになりますが、水道、インターネットおよびケーブルテレビ代がアパート代に含まれています。また、家具はありませんが、部屋毎に洗濯機もあるのが特徴です。また、近くにWalmartやWholeFoodsといったスーパーもあります。

Demingは主に、Medial School、Public Healthに通う方が利用していますが、MBAの学生も利用することができます。

 

いずれのアパートも学校へ通うためのシャトルバスが出ているので、通学には問題ありません。通学にはシャトルバスのほか、ストリートカーや自動車で通うという選択肢もあります。