治安について

ニューオリンズは、アメリカの大都市のような整然とした碁盤状の区画になっておらず、多少雑然としています。そのせいか、ここより外は危険地域といった境界線がなく、少し道を外れると急にさびれて危なそうなエリアになったりします。どこでも同じことが言えますが、暗くなったら徒歩では外出しないことが鉄則です。

夜になると一部の繁華街を除いて本当に人通りがまばらになるため、決して大金を持ち歩かず、たとえキャンパス内でも用心に用心を重ねて足早に立ち去ることが肝要です。これらの特徴さえ踏まえれば、基本的に他のアメリカの都市と違いはないと思います。

南部=黒人というイメージから、ニューオリンズは危険だと思われがちですが、決してそんなことはありません。ただ、経済的に弱者の立場にある黒人の比率が多いことには留意してください。そういった意味で景気が堅調な現在は、臆病になり過ぎる必要はないのかもしれません。

参考までに、在校生が把握している危険予防策、警察が薦める危険回避策を紹介させていただきます。

 

1. 大金を持ち歩かないこと

2. 危険を感じたらその直感を信じ、素早く行動すること
3. 決して抵抗をしないこと
4. 見せ金として$20程度をいつもすぐに

 取り出せるようにしておくこと
5. 一人歩きは極力避ける

 (特に夜は、グループ行動をすること)
6. クラクションをむやみに鳴らさないこと
7. 乗車中は車の鍵を常にかけておくこと

 (乗り込まれないようにするために)
8. 車から離れる場合、中の荷物はトランクに移すこと