持参した方が良い物

パスポート、ビザ、I-20等、渡航に必要な書類

 これらの書類は渡航に必須です。逆に言えば、他の物は忘れても何とかなりますが、これだけは忘れないようにして下さい。入国の際はスーツケースの中に入れないようにしましょう。

 

銀行残高証明書または財政証明書

 生活立ち上げ当初、特に住居の賃貸借契約をする際に必要となることもあります。社費派遣の方は、人事・上司の方にお願いして、数通余分に持参されることをお勧めします。

 

スーツ

 授業のプレゼンテーションなどにおいてBusiness Attireが要求されることが多々あります。まずは、サマーのMCOMのプレゼンテーションでスーツの着用を求められますので、少なくとも一着は持参する必要があります。もちろん、革靴も併せて必要となります。

 

防寒着

 ニューオリンズの冬はアメリカ東部に比べると格段に暖かく、年中ゴルフ場がオープンしているほどです。それでも1月、2月は氷点下近くまで冷えることがありますので、防寒着を持参するとよいでしょう。暖かさが災いして、デパートなどでも日本人が気に入るようなコートなどはほとんど売っていません。また、夏の暑い時期でも、室内は信じられないくらい冷房が効いていますので、半袖よりも薄手の長袖が重宝することもあります。

 

日本文化を象徴するもの

 浴衣、扇子、茶器、柔道着等、日本の文化を象徴するものを持参するとハロウィーンパーティ等の時に役立つかもしれません。外国人はこちらが思っている以上に日本文化のことを知っています。

 

歯ブラシなど日用品や常備薬

 こちらの歯ブラシのサイズは大きい物しかなく、日本人の歯に合う歯ブラシは売っていません。また、薬も基本的に日本の薬よりも量が多いので、使い慣れた薬を持参されることをお勧めします。